この猫の銅像は私が目指すアートである 2


▶︎ 「ずっと街を見守ってやるニャン」トルコの名物猫、亡くなった後も同じポーズで佇む

このニュース記事がふと目にとまった。
なんだろう?と思って見てみると、
トルコ・イスタンブールで人々に愛されていた野良猫のトンビリが亡くなって約2カ月が経った10月4日、彼女がいつも座っていた場所に、ボランティアの人々によって設置された銅像がお披露目された。歩道の段差に肘をかけてくつろぐお馴染みのポーズはそのままに、彼女は今でも街の人々を"ちょっと上から目線で"見守っている。
とのこと。

猫の「トンビリ」はありのままに生き、愛され、そして死後も銅像となって愛され続けている。
周りの人たちの想いが形となって遺っている。

トンビリを好きだった人たちは銅像のトンビリを通してトンビリに繋がる。
トンビリを知らない人たちは、この彫刻作品を見ながら生前のトンビリに思いを馳せたり、トンビリを愛した人たちの心に共鳴しようとしたり、トンビりの魂に祈りを捧げたりする。


この在り方は私の目指すアート。

2016年の記事なので今はどうなっているか分からないが、残っていて欲しいものである。


私は以前、「この電話ボックスは私が目指すアートである メモ」という記事を書いた。
それは亡き人と繋がる電話ボックス「風の電話」の記事である。



両方に共通している点は、なんだろう?
「意識は命を超えたコミュニケーションを求める」
ということだろうか?


これからも「これが私が目指すアートかもなあ」と感じる記事に出会ったらアップしようと思う。


小規模事業者持続化補助金〈低感染リスク型〉実績報告、銀行振込スクショがNG!銀行で「振込受付証明書」の発行が必要!

2021年のガブリエルガブリエラの方針は
「補助金と大作制作」を掲げ、

年の初めから補助金申請のための事業計画書の書き方を

上尾商工会議所」と
埼玉県よろず支援拠点」に

質問したりセミナーを受講したりしながらコツコツと進めて来ました。
初チャレンジで右も左も分からない状態から始めたので、本当に助かりました。有り難うございます。

その甲斐あって5月12日締切の第1回小規模事業者持続化補助金〈低感染リスク型〉に申請し採択されました。

メインの工事が「補助対象外」と落とされてしまったので、補助金は半分以下となってしまったのですが、
ともかく有り難いでございます。

そして、工事など補助事業を終わらせてなんとか実績報告まで辿り着きました。

実績報告を申請したのであとは補助金額の正式決定を待つばかり、
と思っていたら、事務局からメールが届いて、

「差し戻し」がいっぱい!!!

その内容は、例えば、外注の支払相手先の漢字の間違いといった私のミスもあったのですが、
その他に、
1)外注費1点目の見積内訳に諸経費の項目があります。諸経費の詳細について見積内訳に追記し、提出をお願いいたします。

とか、

2)開発費2点目のイラストデザインに補助事業開始前から既に使われているデザインがあることにつきまして、理由を書いた理由書をWord等で書いて提出をお願いいたします。

とか、微に入り細に入り再提出を求められてビビった。
こういった差し戻し項目がいくつもある。

まあでも、一つ一つゆっくり読んで意味を理解しながら対処していけばなんとかなるでしょう。
発注業者さんに見積の内訳を書いてくださいと頭を下げたり、理由書を一つずつ丁寧に書いて行ったり、とか。

そんな中で特に記述しておきたいことがあった。

振込の証明。

なので備忘録としてブログに書いておこうと思いました。

補助事業の手引き」には「領収書」をきちんと書くようにと記載してあります。

領収書をきちんと書いてもらい、
念のために銀行アプリで振込んだiPhone画面のスクショも添えて提出しました。


よし、完璧!
と、思ったけど、

それら全てNGだったのです!!

差し戻しの文言は以下。
3)外注費の支払いを証明する資料につきまして、提出された資料では情報が不足しています。
銀行名、支払者名、振込先、支払日、金額が表記された資料の提出をお願いいたします。
ここまでやったのにどうして「支払ってない」って疑えるのよ。。。

そこで、補助金の事務局にどうしたら良いかと電話で質問すると、
スマホやPCの振込明細画面では「銀行名」「支払者名」「振込先」「支払日」「金額」が1画面で表示されないからダメみたいなんです。


これ、銀行側がなんとかしてくれないとダメじゃん。。。


で、
銀行に連絡して「銀行名」「支払者名」「振込先」「支払日」「金額」が記載された書類を発行して貰ってください、とのこと。。。


で、銀行の窓口に行って手続きしてきました。

振込受付証明書発行依頼書

最大2週間くらいかかるそうです。
(もっと早く届くとは窓口の方はおっしゃってました)


これ、口座振込をスマホかパソコンでやった場合、どんなにキッチリ実績報告をしても差し戻しになってしまいます。
で、私は言われなかったけど、「1週間以内に差し戻し申請を済ませてください」とかだったらアウトじゃないですか。


「振込受付証明書発行依頼書」を銀行の窓口に行って手続きするしかない、事前対処のしようがない。
ちょっとこれっておかしくありません?
領収書があればOKとかにならないんですかね?
または、銀行のアプリとウェブサイトで「銀行名」「支払者名」「振込先」「支払日」「金額」を1画面に表示できるようにするとか。
と、思ったので書いておきました。


補助金は本当に有り難いので感謝しておりますが、改善されるといいなあ。


印刷かすれをなんとかしたいが、Canon IJ Printer Utilityがなくて困っている方へ



私はCanon Pixus Pro-10s を使っています。
A4光沢用紙をカラーで印刷した時に印刷面に「かすれ」が出ていました。

「これは困った」と思って検索すると、見つかりました↓

【インクジェットプリンター】印刷面が汚れる/こすれる (PIXUS PRO-10S)


「原因と対処方法」のチェック1〜3はクリアしてるので、チェック4を見てみる。

チェック4:用紙のこすれを改善する設定にしてみてください


するとここに、
Canon IJ Printer Utility(キヤノン・アイジェイ・プリンター・ユーティリティ)のポップアップメニューから[特殊設定]を選び、[用紙のこすれを改善する]にチェックマークを付け、[適用]ボタンをクリックしてください。

と書いてあるのです。

「そっかなるほど」と思って、Canon IJ Printer Utility(キヤノン・アイジェイ・プリンター・ユーティリティ)のポップアップメニューを探すけれどどこにも見つからない。
「Canon IJ Printer Utility(キヤノン・アイジェイ・プリンター・ユーティリティ)」なるものが見つからないのです!
「特殊設定」に辿り着かないのです!


あれこれ調べてやっと分かりました。こちらです↓

【インクジェットプリンター】プリンタユーティリティを開けない (Macintosh)

原因
Bonjour印刷に設定されていることによる仕様となります。
だそうです。(分かるかい!)

対処法はリンク先を読めば分かりますが、
「システム環境設定」 から「プリンタとスキャナ」 を開いて、今あるプリンタを(−)ボタンを押して削除。

(+)ボタンを押してプリンタを追加。

[プリンタの追加] 画面で、[種類] が "canonijnetwork" のプリンタを選択。
"Bonjour"の方じゃないよ!!)


以上で解決です。(分かるかい! 2度目)

これで、「特殊設定」から[用紙のこすれを改善する]にチェックマークを付けたり、テスト印刷したり、調整すると、かすれは見事になくなりました!!


これ、ひょっとして私と同じ状況で困ってる方もいそうなのでブログに書いておきました。
お役に立てたら幸いです。


以下は展覧会の告知です。



新作物語絵《A Clockwork Apple(時計仕掛けの林檎)》



ガブリエルガブリエラ新作物語絵


A Clockwork Apple
ー時計仕掛けの林檎ー



”霧の國の死神フロイデ”
最新作


13月世に伝わる
『もうひとつの白雪姫』の物語
《Dr. Snow White》第1作目展覧会
12/4より
ギャラリー13月世大使館にて初公開

詳細
https://13moon-gallery.shopinfo.jp


作品サイズ:369×267mm
ペン グワッシュ 雲母 インク パステル 墨 スワロフスキー(アルシュ紙)



選挙で思う事


選挙結果が出て、自民党は議席を減らしたものの単独過半数となった。
個人的には投票した人が当選したので「泥中の蓮」という感じでしょうか。

投票に行ったあと速報を見るのは確かに楽しい。
しかし、「政局は政治ではない」と改めて思う。

政治とは国家のOSのプログラムをどうするか、なのです。
「国民全員が心身ともに健康でいられるためのシステム作り」、これが政治なのです。

「選挙戦のための戦術がどうのこうの」とか、そんなことは政治とはまるで関係ないことをきちんと認識しないと何も変わらない。

「今まで党に尽くした花向けに◯◯大臣のポストを飾らせてあげる」とか、為政者たちの浪花節で人事が組まれてはたまったものではないのである。

このことをきちんと考えていくと「選挙制度」に問題があることが見えて来る。

1つは選挙制度は結局、票田に利権をもたらすシステムにしかならない。
これは選挙制度というよりも政党政治の問題と言った方がいいかも知れないが、私は政党政治も辞めた方が良いと考えている。

そしてもうひとつ、
選挙は有権者の意志で投票するので、判断を大きく見誤る点である。いわゆる「肉屋を支持する豚」問題である。

じゃあ「民主制」を否定するのか? というとそうではない。
民主制でありながら、投票という選挙制度を辞めるのだ。


例えば、誰かが心身ともに健康であるかどうかを確認するにはどうすれば良いだろうか?
まず、「元気ですか?」と訊ねてみることが思い付くでしょう。
確かにそうである。
しかし、病気を抱えて苦しんでいても「元気だよ」と答える人もいるだろうし、また逆に元気なのに「もうダメです」という人もいるだろう。

その人の健康状態をもっとも正確に把握できるのは、身体からの便りである「便」ではないだろうか。すなわち「糞尿」。
糞尿は絶対に嘘をつけない。

だったらこれを「投票」にすればいいではないか。

全てのトイレに糞尿チェックのセンサーを取り付けてネットと接続するのである。
政府はその糞尿データを分析して、全ての国民が健康な糞尿を排泄するようにプログラムを組む。それが政策である。
全国民の糞尿状態が良くなっていくようにプログラムを改良していくのである。
投票は毎日行われている。政策はすぐさま結果となって現れるので、政策改良スピードもどんどん速くなる。
「糞尿民主制」である。

それでも個別な問題はある。
例えば、シングルマザーの子どもの教育機会の不公平の是正とか、ある。
そういう場合は、プロジェクト化して取り組むのである。

政党ではなくプロジェクトごとに動くのである。
アプリケーションと呼んだ方がいいかもしれない。「シンママ応援アプリ開発」とか名付ける。
政党の壁もない。アプリ開発に関わった人は全員に国からギャラを支払う、と。


それから官僚であるが全国民から「くじ引き」で選ぶのだ。上級国民の血縁固定化を防げる。


現在の政治体制は言ってみれば「明治政府2.0」なのだ。
OSのバージョンアップは「明治政府3.0」ではなくて、「シン・日本政府1.0」にする必要がある。
そうなるには数々のステップがあるが。
まずはベーシックインカムというOSにすることからだろう。


そう思わないか?