【羽化の作法 63】ポスト・トゥルースと水からの伝言と私

こんにちは武盾一郎です。編集長から、昔話より今の話をもっとしなさいとお達しがあったので、今回は現在編です。


●ちょっと不思議な話の続き


「羽化の作法61 退院後のちょっと不思議な話」で書いた話。
http://bn.dgcr.com/archives/20180515110200.html

ざっくりと説明すると、好酸球性副鼻腔炎と診断されて好酸球検査を受けた。白血球である好酸球が増え過ぎてしまう「指定難病」だ。それは「軍備を増やし過ぎて苦しくなってる国家」のようだと思い、検査日までのおよそ二週間「この世に敵は存在しない」と唱え続けてみたら、好酸球値が正常になった。という話です。

再検査をして、先日6月6日に結果を聞きに行ったら、またしても好酸球が正常値だったのでした。



嗅覚が無くなったのは2年前の2016年の春頃。花粉症が酷くて匂いもしないわぁ、程度に思っていてなんとく過ごしてたら、秋を知らせる金木犀の香りがしない。これはまずいと思って耳鼻科に通い、結局2018年3月に手術に至ったのでした。

二度目の好酸球正常値の結果に、「好酸球性副鼻腔炎は治ることもあるのですか?」と先生に聞いてみたら、「そういうこともあります。ひょっとしたら突発的にアレルギー反応で鼻茸ができただけで、それが続いてたのかも知れませんね」ということでした。

何しろ原因不明で、治す方法も確立されてない難病だから、よく分からない部分も多いようだ。「難病にかすった」感じだろうか。しかし、またアレルギーが酷くなれば再発する恐れもあるので、気をつけるに越したことはない。

様々な要因が重なり合って、好酸球性副鼻腔炎になり手術して好酸球が正常化した、という一連の話だが、自分の実感としては「この世に敵は存在しない」と唱えることが功を奏した、と認識したりしている。

この「自分の認識」、つまり「主観」こそが自分にとって「真実」になる。「事実」は複合的な偶然の結果だったとしても。

そんな感触を抱いた時にふと思った。このことと、今盛んに言われている「ポスト・トゥルースの時代」とは何か関係がありそうだ、と。
https://kotobank.jp/word/%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9-1748296

そしてまた「水からの伝言」とも関係ありそうだ、とも。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E4%BC%9D%E8%A8%80


●主観世界と客観世界の結び付き


ヒッグス粒子が発見されたり重力波が測定されたり、AIが登場してVRやARがどんどん出て来たり、科学と科学技術がこんなに進んで来てるのに、フェイクニュースで政治が動いたり、およそ科学とは呼べない言説がさも科学的真実のように売れたりしてる。

なんだか不思議だなあと思ったりもするけど、ずっと昔から人間社会ってそうだったのかも知れない。

ただ、なんとなくだけど、科学が取り扱う問題の変遷が社会の価値観を牽引している気もしてる。

古典力学と量子力学。

ざっくりとアインシュタインまでが古典力学になってるようだが、ここまでの科学は完璧に「客観的事実」だ。私が月を観測してもしなくても月は在り、その運行は法則から導き出せる。観測者の念で運行が変わることはないし、たとえ人類が滅びてもその法則は変化しない。

「月は私が見なくてもある」のだ。

これを乱暴に言い換えるならば「運命は決まっている」世界だ。

ところがおそよ100年前、量子力学の登場で変わる。原子にある電子の位置は「確率」でしか分からない。そして、放射性同位元素が崩壊する時刻は何時何分であるという具合に予言できない。

アインシュタインは「神はサイコロを振らない」と言ったようだけど、どうやら私という「個の運命」は決まってないようなのだ。

このようにして法則で決定されている「運命」の世界に、「確率」という「不確定性」が登場したのである。

また、量子力学から「観測」がとても問題になってくる。観測は基本「光」(の反射)を見る。量子力学くらいミクロになると、観測(の光)の影響で状態が変化してしまうのだ。

有名な『2重スリットの実験』があるが、この動画では、“観測者の存在は量子の振る舞いを変えてしまうんだよ。”と言っている。


観測者と観測対象の「関係」が浮かび上がり、「観測者」という「主体」が何なのかを考慮しなくてはならない。科学に「主観要素」が入り込んでしまうのである。

そうするす「量子」と「意識」って関係してるのではないだろうか? とすぐに思ってしまう。そんな実験が本当にあったようだ。「サイエンスZERO」という番組の動画で紹介されている。

『量子は観察者の影響を受ける』

この動画でも2重スリット実験が行われるが、かなり変わっている。スリット実験装置の横に被験者を座らせて、“ふたつのスリットの片方だけを光子が多く通過するよう被験者に強く念じてもらう。”

“もしも人間の意識が量子に作用するなら、光子の動きが変化して縞模様も変わるのではないか? と考えました。”と、いうものなのだ。

そして実験結果はなんと、偶然と呼ばれる値の変化を超えていたという。

ここで重要なことは「本当に意識が量子に影響を与えたのかどうか」ではなくて、「二重スリット」や「シュレーディンガーの猫」といった「量子力学(思考)実験」が、「人間の意識」を強く連想させてしまう点にある。

量子力学の登場によって「人間の意識」すなわち「主観世界」と、科学の「客観世界」が結び付いた。そのおかげで主観世界で起こる現象を、科学っぽく言える土台が出来てしまったように思える。

例えば「引き寄せの法則」というのがある。これは科学ではない。しかし主観世界では「引き寄せの法則」はかなりリアルに当てはまる。STAP細胞よりも再現性が高い。

「気」とか「スピリチュアル」とか、そういった主観世界のものが、量子力学や脳科学といった先端科学と結び付けて語られたりしている。それは詐欺をしたい気功師が増えたのではなく、科学が進もうとしてる方向に「気」とか「スピリチュアル」が扱ってきた「主観世界」があるからなのだと思う。

「私はこの世界を変えることができない」という世界観から「私がそう思うと世界はそうなる」にシフトして来たのが、ここ数千年の人間の世界認識の変遷のように思えたのだった。

「重要なのは《神の真実》であって事実ではない」世界から、途中「事実」と「真実」が合致した時代を経て、「重要なのは《私の真実》であって事実ではない」世界への変遷だ。「事実」は「素材」でしかない。

以上が「この世に敵は存在しないと唱えたら難病を克服した」と思い込む自分が、「ポスト・トゥルース」と「水からの伝言」に共通する何かを感じた理由である。
(つづく)


【武盾一郎(たけじゅんいちろう)/家ごと生まれ変わり中】

◎個展やります!
武盾一郎個展"0.03"@参宮橋ピカレスク
2018年6月30日(土)〜7月29日(日)11-18時(土日祝のみ営業)
https://take-junichiro.blogspot.jp/2018/05/003.html
https://twitter.com/picaresquejpn

◎代官山アートラッシュ『Tシャツ展』に出展します!
2018年7月4日(水)〜7月23日(月)
水・木・金・土 AM11:00〜PM7:00
月・日・祭日   AM11:00〜PM6:00
火曜日定休(入場無料)
https://twitter.com/artsrush

◎VALUやってます
https://valu.is/takejunichiro

◎TimeBankで時間売ってます
https://twitter.com/timebank_pr
リワード申請来ました!

Facebookページ https://www.Facebook.com/junichiro.take
Twitter https://twitter.com/Take_J
take.junichiro@gmail.co

ガブリエルガブリエラ
13月世大使館建設中。インスタ始めました!
Twitter https://twitter.com/G_G_jp
Instagram https://www.instagram.com/gabrielgabriela.jp/
ブログ http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp

目指せジャケ買い!『星野智幸コレクション・全四巻』(人文書院)

星野智幸コレクションI スクエア
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226418.html

星野智幸コレクションII サークル
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226413.html

星野智幸コレクションIII リンク
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226414.html

星野智幸コレクションIV フロウ
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b278897.html

断捨離は続く

何十年も使ってた大きなプラスチック収納ケースを10個と大量のカゴを捨てる。

大きなプラスチックのケースに適当にモノを入れ
バラバラの色形のカゴを買ってはモノを放り込んでいた。

要らないもの捨ててみると、そこにあったほとんどが要らないモノだった。
そして収納はほとんど収納として意味を成してないことが分かった。
言って見れば「保留のゴミ箱」のようなものだった。

持ちモノを大量に捨てたのだが、収納も入れ替える必要がある。
残った持ち物を確認して、収納するワゴンとケースを探し、本棚、収納棚を買う。

ワゴン、ケース、棚が揃ったら1つ1つを分類して収納する作業に入る。
分類してくところでまた捨てるモノが出るだろう。



●分類できない


ところで私は、
そのモノが何に「分類」されるのか? が分からなかった。

家のモノは「情報の扱い方」の「物理空間化」だろうから、
私は情報をタグ付けしないで記憶してるのだろう。

その事を良く捉えれば、
モノとモノにレッテルを貼ってないのでモノを巡るジャンルの横断がスムーズになる。

しかしほとんどが引っ張り出せずに忘却して無意識下に溶け込んで行く。物質的にはそれらはゴミである。

しかし、創作としては、
無意識下に溶け込んだ記憶のスープから無意識的に線を紡ぎ出して線譜にしてる。
モノを分類しないのは創作スタンスだったとも言える。

脳状態が部屋のモノとしてダダ漏れになっていた感じだ。

家の中が片付いたからといって発想が貧困になる、なんてことはあるだろうか?
むしろ想像にとっては良さそうな気がするのでスッキリ片付けよう。


断捨離は人生の再生作業だ。

【羽化の作法62】1997:段ボールハウス絵画、役者、そして神戸

1997年の後半は車椅子にペインティングしたり、商店街の店のシャッターに絵を描いたり、「デザインフェスタ」でライブペインティングしたり、新宿梁山泊公演用に段ボールハウスペインティングをしたり、イベント的なペインティングがいくつもあった。

1997年11月15・16日、デザインフェスタでのライブペインティングの写真
1997年
デザインフェスタのゲストとしてライブペインティングを行った

<ペインター>
鷹野依登久
斎藤洋子
武盾一郎

<演奏>
サンカラゴンジャ

また、コリーヌ・ブレの友人が主催するパーティに行くと、日比野克彦が来ていたり、コリーヌに黒田征太郎のオープニングパーティに連れて行って貰ったりと、いわゆる「有名人」と会うことも出来た。

しかしながら、うまく取り入って仲良くなって将来に繋げる、などという器用なことは何一つできなかったのだが。

日比野克彦さんとの初対面では、泥酔して「アートなんてギャラリーや美術館にはない! ストリートにある!(俺を見ろ!)」などと息巻いて喋っていたことだけが記憶にある。

新宿西口地下道にも相変わらず通っていた。1997年12月3日(水)制作ノートNo.12よりこの段ボールハウス絵画を描いていたことが分かった。

制作ノートNo.12
1997年12月3日(水)


●『鳴神』に役者として参加


12月、オブスキュアギャラリーでは歌舞伎役者・中村しのぶさん主催主演『鳴神』の公演が開催された。僕も役者で参加している。キョージュこと関根正幸氏のテキストでもで触れられている。

Scenes Around Me[26]東京大学駒場寮の事(5)鳴神[1]/関根正幸
http://bn.dgcr.com/archives/20180424110100.html
Scenes Around Me[27]東京大学駒場寮の事(6)鳴神[2]/関根正幸
http://bn.dgcr.com/archives/20180522110100.html

キョージュが撮った写真が見つかったのでアップ。

関根正幸氏が撮った写真・1
1997年12月
東京大学駒場寮
オブスキュアギャラリー『鳴神』
撮影:関根正幸

関根正幸氏が撮った写真・2
1997年12月
東京大学駒場寮
オブスキュアギャラリー『鳴神』
撮影:関根正幸

舞台の美術と衣装はしのぶちゃんの友人で、イラストレータの「麻子ちゃん」が担当した。衣装は凝っていて、ずっしりと重かった。

みんなで舞台の飾りを作ったり、衣装を縫ったり、稽古をしたり、文化祭のような楽しさがあった。演劇には憧れがあったので、それをほんのちょっと体験できたのはありがたかった。

主人公はしのぶちゃん扮する「雲の絶間姫」、僕は「鳴神上人」の出来の悪い二人の弟子の片割れで、コミカルな役どころだった。みんな役者さんだったり舞踏家だったりと舞台の人だったので、足を引っ張らないようにと懸命だった。

鳴神のストーリーはこちら。
http://www.eonet.ne.jp/%7Ejawa/kabuki/enmoku/narukami.html
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%B4%E7%A5%9E

最後に鳴神上人が暴れて、弟子の首を絞めて投げ飛ばすのだが、怒り狂った表情の演技と僕の首を締める力のあんばいのギャップが印象的で、今でも首を絞める柔らかい手の圧力は覚えている。やっぱりそこは丁寧に気を使うのだ。

『鳴神』の打ち上げの写真
1997年12月
東京大学駒場寮
オブスキュアギャラリー『鳴神』打上



舞台が終わったらそのままオブスキュアギャラリーで打ち上げとなった。誰が撮影したのか覚えてないのだが、後日この打ち上げ写真に写ってる僕を見て、しのぶちゃんが大笑いしていたのを覚えている。ちなみに左の奥にはキョージュが写っている。

●三度目の神戸

これまでに二回ほど神戸に行った。一度目は1996年10月5日(土)〜7日(月)、占い館からのオファーで神戸に壁画を描いた。

羽化の作法[41]神戸占い館での製作と写真展への参加
http://bn.dgcr.com/archives/20170620110200.html

二度目は1997年10月4日(土)〜5日(日)、仮設住宅とテント村「しんげんち」を訪ねた。

羽化の作法[54]コリーヌと神戸行きのこと
http://bn.dgcr.com/archives/20180123110300.html

そして慌ただしく年末を過ごすのだが、その間にコリーヌにもちょくちょく会う機会があって、三度目の神戸行きが決まって行く。

コリーヌは、「僕のようなアーティストが被災地に行くべきだ」と強く主張していた。被災者たちが公園に自主的にコンテナを建て、テント村を作っている非公認避難所「しんげんち」で何かやってみよう、ということなのだ。

「なぜ神戸に行くのか?」「何しに神戸に行くのか?」「具体的な運営はどうなるのか?」「何かフォローしてくれるのか?」そういう最も基本的なことをまったく定めないで、「行ってみて僕が現場でなんとかする」というプロジェクトだった。

震災の年の95年に新宿西口地下道の段ボールハウスに絵を描き始めたのだが、震災に対しては何もして来なかった。そんな後ろめたさのようなものがあった。

だからと言って「復興アート」をやりたい訳ではなかった。被災地に行って、さも意味ありげな「アート」をやりたい訳でもなかった。

「ガチンコでぶつかってみたら何かが生まれるだろう」という方向しかなかった。そして「見知らぬ土地にポンと放り出されて何かやる」という方法は、当時の僕にとっては魅力的に感じられた。

1997年11月1日(土)の制作ノートNo.12にこう記している。
“僕は来年 神への戸をたたきに行く そして向こう側を感じとって行きたい”
(つづく)


【武盾一郎(たけじゅんいちろう)/6時間睡眠】

◎個展やります!
武盾一郎個展"0.03"@参宮橋ピカレスク
https://take-junichiro.blogspot.jp/2018/05/003.html
https://twitter.com/picaresquejpn

◎VALUやってます
https://valu.is/takejunichiro

◎TimeBankで時間売ってます
https://twitter.com/timebank_pr
リワード申請来ました!

Facebookページ https://www.Facebook.com/junichiro.take
Twitter https://twitter.com/Take_J
take.junichiro@gmail.co

ガブリエルガブリエラ
13月世大使館建設中。インスタ始めました!
Twitter https://twitter.com/G_G_jp
Instagram https://www.instagram.com/gabrielgabriela.jp/
ブログ http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp

目指せジャケ買い!『星野智幸コレクション・全四巻』(人文書院)

星野智幸コレクションI スクエア
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226418.html

星野智幸コレクションII サークル
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226413.html

星野智幸コレクションIII リンク
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226414.html

星野智幸コレクションIV フロウ
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b278897.html

【羽化の作法 61】現在編・退院後のちょっと不思議な話

早いもので、退院してから2か月が経ちました。

羽化の作法[58]入院と13月世大使館工事
http://bn.dgcr.com/archives/20180320110200.html


●『ネズミに恋したネコのタムちゃん』、「詩とファンタジー」で2017イラストレーション部門優秀賞


入院した日に知らせが届いた「詩とファンタジー賞2017」イラストレーション部門優秀賞ですが、そのお話を少しまとめておきます。


実は、以前に「ガブリエルガブリエラ」でも投稿していたのですが、掲載には至りませんでした。なので、ダメ元で今度は武盾一郎のソロ作品で投稿してみたのです。

今まで知らなかった人が見てくれるかも知れないと思いまして。そしたら入選して掲載となったのです。



『ネズミに恋したネコのタムちゃん』は、2013年にふと思い付いて描き始めたシリーズでした。気が付いたらお話が出来上がっていたのです。

それは以下のような物語でした。

ネコのタムちゃんは恋に落ちました。

相手はシッポの先がくるんと丸まったネズミさん。
とっても一途な恋心。

春にタムちゃんはネズミさんに「好き」と告白しに行きました。
ネズミさんはびっくりして逃げてしまいました。

夏にタムちゃんはネズミさんにかき氷をプレゼントしました。
ネズミさんはかき氷を知らなかったので見向きもせず、氷は溶けてアリさんが食べてしまいました。

秋にタムちゃんはネズミさんにチーズをプレゼントしました。
ネズミさんはチーズが嫌いでした。

冬にタムちゃんはネズミさんにチョコレートをプレゼントしました。
ネズミさんはチョコレートは食べたけれど、タムちゃんからは逃げてしまいました。

どんなに想いを伝えようとしても、ネズミさんはネコのタムちゃんを怖がるのでした。

そんなある日のこと、タムちゃんのママがネズミをくわえてやってきました。
ママはタムちゃんのためにネズミを捕まえて、一緒に食べようとしてくれたのです。

「今日はごちそうよ」

タムちゃんのママは美味しそうにネズミをひとくち食べると、タムちゃんにも食べるようネズミを差し出しました。
息の絶えたネズミのシッポの先は、くるんと丸まっていました。
ママが食べているネズミはタムちゃんの恋したネズミさんだったのです。
タムちゃんはショックのあまり気を失ってしまいました。

どれくらい時がたったのか、タムちゃんは目覚めていました。
タムちゃんは少しだけ微笑んでいるのでした。
(つづく)


なぜこんなストーリーが思い付くのか、自分でも分からなかったけど、それからずっと「タムちゃん」をなんとなく描き続けてきたのです。

そして2017年、タムちゃんの物語を組曲とした『聴く展覧会・観る音楽会・組曲 仔猫のタムちゃん』という展示・演奏会を開催する機会に恵まれました。
http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp/2017/02/blog-post.html

線譜『内部被曝してるタムちゃんは、それでも失恋の方がとっても悲しい』をフェイスブックでたまたま見かけた、上遠野博子さんに曲が思い浮かんだのがきっかけでイベントにまで発展していったのです。

タムちゃん #07
タイトルが付いてます
『内部被曝してるタムちゃんは、それでも失恋の方がとっても悲しい』
18×26cm 2014年
アルシュ紙、HI-TEC-C 0.25

イベント終了後、組曲の脚本をベースにして、絵本仕立てにしたタムちゃんを制作し始めます。その作品から「詩とファンタジー」に応募したのでした。

掲載されるとも思ってなかったので、ちょっと驚きました。さらに年間賞があるなんてことも知らなかったので、「詩とファンタジー」についてはすっかり忘れていました(入院してたからそれどころじゃなかったのですが)。

なので、ビックリしたと言うよりも狐につままれたような気分でした。

受賞の知らせらの後に掲載誌が届きました。


そしてその後にトロフィーが届いたのです。



トロフィーが届くとはまったく思ってなかったので、これはかなり驚きました。そして更に驚きなのは、「詩とファンタジー」はこれで終わってしまうようなのです。

そういった訳で「詩とファンタジー」は思いがけない事づくしでした。これもいろいろな人との繋がりがあってのこと。有り難いでございます。受賞は応援してくれている人たちに捧げるものなんだなあと思った次第です。


●退院後のちょっと不思議な話


退院二日後の3月16日(金)の診断で「鼻うがい」をするようにと言われて鼻うがい器を購入。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01198R9XC/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

「鼻うがい」は子供の頃にやらされた。頭上のタンクに塩入り温水が入っていて、チューブが伸びている。それを鼻の穴に突っ込むと、塩入り温水が鼻を逆流して入ってくる。子供の頃は苦痛で仕方なかった。

なので、なんとなく「嫌だなぁ」という気持ちがしたのですが、この「鼻うがい」が実に気持ち良い。退院から一か月くらいは一日二、三回やっていました。

2016年に「瞑想」を新たな習慣として取り入れ、2018年には「鼻うがい」が新たな習慣として我が人生に加わることになったのです。嗅覚は今のところ、順調です。

そこでちょっと不思議なことがありましたので、ここでお話しさせて下さい。

退院二日後の診察では、手術後の状態は良好とのことでした。肝心の病名ですが、「好酸球性副鼻腔炎」と診断されました。なんと、「指定難病」として認定されている病気なんだそうです。

保健所に申請をして「指定難病」として認められると、補助が受けられるようです。しかし、僕の年齢で「好酸球性副鼻腔炎」の場合だと、とりたてて大した補助はないとのことでした。

難病だと言われて多少なりともショックを受けた僕は、ちょっと調べてみることにしたのです。

「好酸球性副鼻腔炎(指定難病306)」
http://www.nanbyou.or.jp/entry/4537
http://www.nanbyou.or.jp/entry/4538

“1.「好酸球性副鼻腔炎」とはどのような病気ですか

好酸球性副鼻腔炎は、両側の鼻の中に多発性の鼻茸ができ、手術をしてもすぐに再発する難治性の慢性副鼻腔炎です。”

手術をしても再発するようなのです。厄介だなあ。。難病ですからね。

“3. この病気はどのような人に多いのですか

気管支喘息の人や、アスピリンなどの解熱剤などで喘息を起こしたりショックを起こしたりする、アスピリン不耐症の人に多く起こります。”

確かに喘息だったので当てはまる。

“原因は不明”だそうです。難病ですからね。

かなり凹んだけど、そもそも「好酸球」ってなんだろう?

「好酸球の病気」
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/13-%E8%A1%80%E6%B6%B2%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E7%99%BD%E8%A1%80%E7%90%83%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E5%A5%BD%E9%85%B8%E7%90%83%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97#v26232498_ja

“好酸球は白血球の一種で、アレルギー反応、喘息(ぜんそく)、寄生虫感染に対する身体応答で重要な役割を果たしています。”

好酸球とは白血球なんですね。

“白血球の主な働きは、病原菌や異物から身体を守る防御作用である”
(白血球の働き|白血球の種類と機能より)
https://www.kango-roo.com/sn/k/view/2197

好酸球とは、そもそも身体を守ってくれるものだ。言ってみれば防衛軍だ。「好酸球性副鼻腔炎」とは、敵国を恐れるあまり軍備を過剰に拡充して自国が滅びそうになってる国家みたいだ。

外敵をやっつけるはずの軍隊が、大軍となり過ぎて自国を攻撃してしまってる。などと思ってハッとした。

「これは自分の性格なのではないだろうか?」

僕はとても怖がりだ。臆病のあまり、過剰に人を攻撃してしまうことがよくあった。何もかもが敵に見え、この世界が生きづらくて仕方がないと思い込んでいた。

好酸球性副鼻腔炎は、僕の意識がそのまま身体化したように思えたのだ。病気はその人の個性を表すと言うし。

僕の身体は外世界を過剰に恐れ、一所懸命に好酸球を増やしていた。

「ひょっとしてその誤解を解いてみたら良くなるのでは?」

どうせ難病なんだから、ここで試してみよう。「好酸球ちゃん有り難う、よく頑張ったね。もうこの世に敵など存在しないんだよ」と、念仏のように唱えてみるのはどうだろう? で、さっそく唱えてみた。

「この世に敵など存在しない」という世界認識を、自分に心に刻むのは悪い気分ではなかった。別に難病が治らなくても、ちょっとだけ毎日を楽しく過ごせる感じがする。

それに、事実として敵など存在していない。敵は「概念」なのだから。なんて思いながら、繰り返し自分に「この世に敵など存在しない」と言い聞かせた。

こうして「この世に敵など存在しない」と唱え続けて、二週間経った4月4日(水)の耳鼻科の診察で、難病申請をするための好酸球の検査を行った。

結果を聞きに行ったのは、次の診察の5月2日(水)。

好酸球の検査結果を見て、先生が「あれ?」と言った。好酸球が正常値になっていたのだ。そして「好酸球の状態は変動があるから再検査しましょう」と、再度検査をすることになった。

「この世に敵など存在しないと唱え続けてたのですが、その影響ってありますか?」と訊ねようとしたけど、鼻で笑われそうなので聞けなかった。

以上が、ちょっと不思議な話しでした。

たまたま好酸球が少なくなってる時に検査をしたのだろうけど、自分としては「この世に敵など存在しない」と思えてきた心の変化と、好酸球の正常化が関係していて欲しい。

再検査の結果は6月6日(水)の診察で分かる。再々度好酸球が正常値であることを祈るのみ。(つづく)


【武盾一郎(たけじゅんいちろう)/嗅覚はほんのり】

◎個展やります!
武盾一郎個展"0.03"@参宮橋ピカレスク
https://take-junichiro.blogspot.jp/2018/05/003.html
https://twitter.com/picaresquejpn

◎VALUやってます
https://valu.is/takejunichiro

◎TimeBankで時間売ってます
https://twitter.com/timebank_pr
リワード申請来ました!

Facebookページ https://www.Facebook.com/junichiro.take
Twitter https://twitter.com/Take_J
take.junichiro@gmail.co

ガブリエルガブリエラ
13月世大使館建設中。インスタ始めました!
Twitter https://twitter.com/G_G_jp
Instagram https://www.instagram.com/gabrielgabriela.jp/
ブログ http://gabrielgabriela-jp.blogspot.jp

目指せジャケ買い!『星野智幸コレクション・全四巻』(人文書院)

星野智幸コレクションI スクエア
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226418.html

星野智幸コレクションII サークル
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226413.html

星野智幸コレクションIII リンク
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b226414.html

星野智幸コレクションIV フロウ
http://www.jimbunshoin.co.jp/book/b278897.html

武盾ー郎個展 “0.03"


武盾ー郎個展 “0.03"

2018年6月30日(土)-7月29日(日)
11時-18時(土日祝のみ営業)
会場Picaresque Gallery(ピカレスク·ギャラリー)

作家·武盾ー郎の言葉
「絵を描いているつもりだったけど、自分が描いてるのは「音楽」だったことに気が付いて以降、自分の線画を【線譜】と呼んでいます。
あなたの心に調べが響いたら「完成」します」

武盾一郎個展"0.03"では、作家が過去に制作してきた6つの線譜シリーズに加え、新シリーズ「 1本の線」の計7シリーズを一堂に発表いたします。ぜひご高覧ください。
作家ホームページ: https://www.facebook.com/junichiro.take/

Picaresque
〒 151-0053東京都渋谷区代々木4-54-7
http//gallerypicaresque.jimdo.com/
新宿から小田急線で3分。意外と近い参宮橋! お気軽にお越しください!